地方の医療とは

医療は、地方では病院が少なく個人病院が多いとよく聞きます。総合病院が少なく救急の受付が難しいと言われています。
これは、医療業界では解決できないことだと思います。では、なぜ地方では総合病院が少ないのでしょうか。
それは、人口が少なく若い人たちは都会に出ていくからと思います。そして、病院は人が少ないところにあるとあまり利益がありません。
さらに、根本的に医師・看護師が深刻な人材不足であることも大きな要因だと感じます。
参考URL=www.iryou-genba.net
総合病院は、利益だけを求めるだけでなく本当に困っている人を助けるのが仕事だと思います。
しかし、人がいないと大きな病院を経営することが難しいです。そして、設備にも当然お金がかかります。
人が少ない地方の場合、患者さんがいないと設備等を管理するお金の支払いもできません。しかし、地方で困っている患者さんはたくさんいます。都会だけでなく、地方に住んでいる人達の事も考えなければなりません。
高度な治療が必要な患者さんには都会に出ていくのが当たり前になってしまっています。場所が違うだけでこんなにも医療環境が違うのはおかしことです。病院側も利益だけを求めるだけでなく困っている患者さんたちの事を第一に考えて欲しいと思います。国もそのことも考えて、方針を変えて欲しいと思います。補助金などを使い、地方の医療をどんどん発展させていくべきです。

Leave a Reply